ノマドな海外移住計画
歩き続けること
公開日:2019.03.28
/ 最終更新日:
MySQL

Adminerのすすめ 〜phpMyAdminよりも簡単にデータベースを管理しよう〜

こんにちは。
データベースの管理ツールとしてphpMyAdminからすっかりAdminerに浮気した藤ミヤチです。

長年、phpMyAdminを使っていたのですが、

悩み

使いづら…サーバーにインストールするのも大変だし…

と思い続けてきました。

そんなとき「Adminer」に出会って世界は一変しました。

藤ミヤチ
藤ミヤチ

なんだこれ!めっちゃ直感的に使える!初心者にもわかりやすい!そしてめちゃ軽い!

と一瞬で、Adminerの魅力にとりこになりました。

今はもう、phpMyAdminを使う気なんて一切起こりません。

「簡単に・楽に」データベースを管理できるツールですので、ぜひ使ってそのすごさを知ってほしいです。

Adminer.phpとはデータベースの管理を楽にしてくれるツール

疑問

Adminer.phpってなに?

そもそもAdminerとはなんでしょうか。

Adminerとは、PHPをベースにして動くデータベース管理ツールです。

膨大なファイルから成り立つphpMyAdminとは違い、たったの1ファイルで構成されています。

しかもAdminer.phpの本体は468KB。
phpMyAdminが各バージョン10MB前後であることを考えると、びっくりするくらい軽いです。

悩み

そんな1ファイルでデータベースって管理できるもんなの?

私も一瞬思いました。
でも、試したところMySQLの管理は直感的かつスムーズにできました。

公式によると、ほかにも PostgreSQL, SQLite, MS SQL, Oracle, Firebird, SimpleDB, Elasticsearch, MongoDB に対応しています。

自分のサイトなどのデータベースの管理などにも活躍するほか、

  • データベースの接続情報はもらったけど、phpMyAdminの権限はもらってなかったな…
  • ちょっとデータベースを確認したいだけなのに、phpMyAdminを準備するの面倒…

などのケースでも重宝します。

phpMyAdminでできることは、ほとんどAdminerでできます。
というか、私がしたいと思ってAdminerで実現できなかったことはありませんでした。

藤ミヤチ
藤ミヤチ

いろいろ試した結果、データベースの管理ツールとしてはAdminerがベスト!

めちゃくちゃ簡単なAdminerの入手・設置方法

藤ミヤチ
藤ミヤチ

Adminerの下準備はとても簡単!

Adminerの入手方法

Adminerの本体は公式ページからダウンロードできます。

Adminer
Database management in a single PHP file

↑が公式ページです。
赤枠で囲われたところをクリックしてみてください。

これまでのバージョン一覧が表示されるので、最新版をダウンロードしてください。
※現在(2019.3.28)の最新版は4.7.1です。

ここでダウンロードされる1ファイル「adminer-4.7.1.php」ですべてです。

Adminerの設置方法

データベースを管理したいサーバー、もしくはローカル開発環境に「adminer-4.7.1.php」に移動させるだけ。

藤ミヤチ
藤ミヤチ

必要なところにファイルをコピペするだけでOKなので、本当に簡単!

Adminerの使い方

Adminerはデータベースの基本的な知識があれば、誰でも直感的に操作できます。

データベースの確認・編集方法

ブラウザでAdminer.phpに直接アクセスし、ログイン画面にログイン情報を入力します。

Adminerログイン画面

データベース欄は空のままでも大丈夫です。

ログインすると、データベースの一覧が表示されます。

Adminerでデータベースの一覧を確認できる

中身を確認したい(もしくは変更・削除したい)データーベースを表から選んでクリックすれば、

Adminerでで

テーブルの一覧が確認できます。

同様に、テーブルをクリックすれば、テーブルの構造や実際のレコードが確認でき、検索・編集・削除・追加も行えます。

Adminerでできること

その他、phpMyAdminと同様の機能があります。

公式ドキュメントを参考に、Adminerでできることをまとめました。

  • ユーザー名とパスワードを入力することでデータベースに接続
  • 既存のデータベースを選択、新規で作成
  • テーブルのフィールド・インデックス・外部キー・トリガーを一覧表示
  • テーブルの名前、エンジン、照合順序、自動連番、コメントを変更
  • カラムの名前、方、照合順序、コメント、初期値を変更
  • テーブルと列の追加・削除
  • フルテキストインデックスを含むインデックスの作成・変更・削除・検索
  • 外部キーの作成・変更・削除・一覧表示
  • ビューの作成・変更・削除・選択
  • ストアドプロシージャ・ストアドファンクションの作成・変更・削除・呼び出し
  • トリガーの作成・変更・削除
  • テーブルに記録されているデータの一覧表示・検索・集約・ソート・行数制限
  • 新しい行の挿入、既存行の更新・削除
  • すべてのデータ型のサポート、ファイル転送を介したBLOB(バイナリデータ)
  • テキスト入力もしくはファイル読み込みによるSQL文の実行
  • テーブル構造・データ・ビュー・ルーティン・データベースをSQLまたはCSV形式でエクスポート
  • 外部キーで紐付けられたデータベーススキーマの出力
  • プロセスの表示・強制終了
  • ユーザーとその権限を一覧表示・変更
  • マニュアルのリンクとともに変数を表示
  • イベントとパーティションの管理

そのほか、Adminerクラスを継承して各メソッドをオーバーライドする形で、Adminerをカスタマイズできます。

藤ミヤチ
藤ミヤチ

データベースの管理に必要な機能がすべて揃っているよ

Adminerのセキュリティ面も心配しなくても大丈夫

  • ファイルが軽い
  • 設置が簡単
  • 直感的に操作できる
  • 必要な機能がすべて揃っている

と、良いことづくめのAdminerですが、セキュリティ面はどうでしょうか?

悩み

本当にAdminer使って大丈夫?

phpMyAdminをサーバーに設置する際には、セキュリティ対策でディレクトリ名を「phpmyadmin」などと中身が推定されやすいものにすることは避けるように、と言われますよね。

実際に個人情報などがデータベースに保存されることがあるので、Adminerのセキュリティ面は気になるところ。

しかし、Adminerはセキュリティ面でも心配はいりません。

極端な話、AdminerはphpMyAdminと違って、1つのファイルをサーバーに置いておくだけで使えるので、使い終わったらサーバーから削除してしまえばOKなんです。

phpMyAdminだとインストール自体にかなり時間がかかるので、基本的にサーバーに置きっぱなしになると思います。

しかし、Adminerはファイルをアップロードするだけ。

必要なときはサーバーに置いて、使い終わったら削除!ということができるのです。

藤ミヤチ
藤ミヤチ

軽くて設置が簡単なAdminerならでは!