ノマドな海外移住計画
歩き続けること
公開日:2018.10.13
/ 最終更新日:
旅行

【香港ぶらり一人旅】地味に気になったどうでもいいこと BEST 5

女人街

香港ぶらり一人旅2018 番外編。

一人旅は、誰かと旅行に行った時より現地の人・雰囲気と少しだけ近いところを旅できるので楽しいですね。

ふと街中で声をかけてくれたおばちゃん、たまたま食堂で相席となったおじちゃん、道を教えてくれたお兄さん・・・知らない土地を旅している実感があって心地よいです。

その反面、ちょっとした驚き・発見をすぐ共有できる人がいないのが、ちょっと寂しいところも。

そこで、旅行中に「くだらないけど誰かと共有したい」と思ったBEST 5をお届けします。

安全な仕事をする気のない竹の足場

堂々一位はこれ。

日本でみかける足場は鉄骨ばかりで、竹の足場なんてお目にかかれないので珍しい!
街のあちこちで作業が行われているのか、繁華街を歩いていると結構頻繁に見つかります。

でも、びっくりしたところはそこじゃないんです。
ポイントは足場の根元。

目線を下にずらした瞬間「は?本気?」という言葉が口から滑り出ていました。

見てください。この接地面積の少なさを。
これで重量を安全に支えられていると本気で思ってるのか。
ちょっと人が寄っかかっただけで、一気に崩れそうですよ???

どこもかしこも、全て足場の支えは「かろうじて立ってる」風でした。
しかしその下を、まったく気にせず行き交う人々。

地震がないと言われる香港ならではの力技ですかね。

犬に優しいハイキングコース

山頂纜車(ピークトラム)で山を登り、香港の街並みを横目に見ながらハイキングコースを歩いていたところ、犬を連れてランニングやウォーキングをしている人がかなりいました。

しかし、そこでふと気づいた。
道端に何個もあるこれは、なんだ?

「狗糞収集箱」とあるから、まあそういうことなんだろう。
なんとなく開けて見て確認したいような、確認したくないような気がして、結局開けてはみませんでした。
今思えば、せっかくだから開けてみればよかった(笑)

あと、随所に、犬のトイレらしきものも。

犬と歩く(走る)ことを前提で環境が整えられてるからこそ、この道路が綺麗なんだなーと納得。

それにしても、あえて回収した「狗糞」は何かの肥料に使われてたりするのかな・・・まあ普通に廃棄物処理かな・・・行き先もちょっと気になりました。

見つからないトイレ

旅行先で気になるのがトイレ事情だと思います。
(2番目に書いた犬の件と合わせて、トイレの話ばっかりしてるな・・・別にトイレが好きなわけではないです笑)

旅行中、トイレには行けそうな時はまず済ませておく!
そう思って、立ち寄ったショッピングセンター(國際金融中心商場)でトイレを探しました。

館内の案内に沿って歩いて行く・・・歩いていたはずなのにいつまで経っても見つからない。
案内によるとこのあたりのはずなのに。

通路をなんども行き来して、10分くらいさまよい見つけたのが、これ。

出口じゃん。
と思いましたが、実は、この先の本当に外に出る扉の手前にトイレがありました。

トイレは、出口に向かって行くと見つかる。
この他に立ち寄ったショッピングセンター、観光ビルなど、かなりの確率で「出口を目指すと見つかる」パターンでした。

緊急時でなくてよかった。
地味に落とし穴でした。

created by Rinker
メディアファクトリー
¥3,880 (2019/09/15 09:48:26時点 Amazon調べ-詳細)

路上で雑に売られる高級品

繁華街ど真ん中の旺角駅周辺にいたおじちゃんたち。
暇そうにしながら、iPhoneの路上販売店をだしていました。

なんか、iPhoneというかApple製品って、正規販売店の取り決めなどApple社が厳格に管理しているイメージだったんですが、香港では違うんですね。

確かに、2011年に留学していたモンゴルでもiPhoneが割と気軽に売り買いされていたのを思い出しました。

惑わせるハンドサイン

目的地に向かうフェリー乗り場がわからなくて、現地のおばさんに訊いたときのこと。
地名を見せて「I want to go here」と行ったところ、英語はあまり通じないようでしたが意図は伝わったようで、身振り手振りで教えてくれました。

ただし、肝心の「何番目の乗り場か」がよくわからない。

握った拳から親指と小指だけを立てて、ここに行け、といったような素ぶり。
首をかしげると、何かを言いながら再びそのハンドサイン。

・・・どういうことだ?

少しして、おばちゃんが「SIX」と言っているのに気づき、合点。

普通に市場などで、日本と同じように指を立てて「1個」「2個」と意思疎通ができていたから、油断しました。
調べたら、6以上は日本とサインの出し方が異なるみたいですね。

香港に行く前に、あらかじめ知っていたら便利だったなーとちょっと思いました。
・・・それにしても、なぜ「6」は親指と小指だけを出すサインなんでしょうね?